So-net無料ブログ作成
検索選択

ハセツネ病にかかった日 〜2010 [ランニング]

早いものでもう12月。。
すっかり放置してしまったブログ。。。コメントも返さず申し訳ありません。

さて、もうずいぶん前の話になりますが、去る10月10日〜11日、
日本山岳耐久レース(24時間以内)〜長谷川恒男CUP 通称“ハセツネ”に参加してきました。

結果は、なんとか完走。しかし内容は大失敗!でした。(僕の人生は毎日失敗しているかも、苦笑)

先日のブログで目標必達宣言をしていたので、これはみなさんにご報告しなければなりません。
長文ですが、ここに書き残しておきます。

P1040223.jpg
ハセツネとは、奥多摩山域 71.5Kmの山の中を24時間以内に駆け巡るトレイルレース。
2010年10月10日(日)武蔵五日市駅前。前日まで降っていた雨もようやくあがり、やや曇り気味の空が歓迎してくれた。

P1040225.jpg
重量5Kg近くになったバックパック。これを背負って走る。
荷物のメインは2Lのハイドレーション(飲料水を入れるパック)と食料。あとは夜間走行用のライト、替え電池、防寒着、エイドキットなど。
それと、今回頼りにしているストック、左右のポッケにはこだわりの“命のコーラ”。
ストックはポールを回してたためるタイプ、コーラは250ml缶×2本。
なんだかんだでけっこう重くなる。
少しでも軽くしたかったので、携帯するつもりだったレインウェアは持たずに外すことにした。

SANY0048.jpg
チーム「BW+R」左から、Sho、HK、H Kosuge 去年と同じメンバー。

SANY0050.jpg
すっかり天気もよくなって、午後1時スタート!

SANY0075.jpg
変電所の側を走り抜けたとき、またここに来たかと込み上げるものが。
前半でペースを見失って流されると後半自滅するので、ここはスピードを抑えながらゆっくり進むことにする。

SANY0072.jpg
振り返ると長蛇の列。さっそく渋滞が始まる。前半上りはどうせ走れないので焦ることはない。

それなりに練習を重ねてきたおかげか、上り続きでもさほど心拍数は上がらず、常に130前後だったように思う。それでもかなり疲れたが。

第一関門まで、ゆっくりマイペース。
ほとんど上りなので、走るというより登山。順調なペースで歩いて進む。

ところが夕方、予想もしなかった突然の雨! よりによってこのハセツネで・・・雨。

たぶん多くのランナーはここでダメだと思ったのではないか。
内心、これで記録が達成できなくても言い訳ができると。

路面はグチャグチャヌルヌルで、つるつる滑ってどうしようもない状態。ダンボールがあれば、金八みたいにお尻の下に敷いて滑っていけそうだ。

これ以上最悪な状況はないなと。。。ならば、どこまでいけるかやってみるのもいいかなと。
(思えば、2008年7月に独立して間もなくあの9.15リーマンショックで不況到来、これ以上ないと云われる最悪の状況の中でなんとかここまでやってきた自分を重ねる・・なぁんて、そこまで考えはしなかったけど)

×大失敗その1:レインウェア不携帯。
きょうはもう降らないだろうと思っていたらいきなりの雨。
ちょっとでも軽くしようとレインウェアを外したのが仇に。もちろん雨具兼用の撥水ウィンドブレーカーは携帯していたが、着替える間もなく大粒の雨・・・。

2時間ほど降っただろうか。しばらくして雨があがる。
だが、この影響でこれまで経験したことのないような苦しいレースになってしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【第一関門】浅間峠 22.66Km地点:5時間43分57秒(去年:5時間46分38秒)

地べたに腰をおろし、リタイアするランナーを見ていた。次から次へとリタイアゾーンに集まってくる。

「これから先、おそらくまともに進める道はないよな」
「このままずっと休んでいたいな」・・・誘惑が頭をかすめる。
いや、イカン!ブログで宣言しちゃったし。みんな応援してくれてるし。友もゴールで待っているはず。なにより、言い訳が思いつかない。

休憩15分。去年はここでずいぶんゆっくりしていたが、前を走る仲間を追って先を急ぐことにする。

×大失敗その2:食料の不足。
第一関門の地点ですでにお腹が空いて仕方ない状態。
ジェル系は去年と同じ11個、しかし固形物系2個は少なすぎた!ましてや、おにぎりやあんぱんも削ってしまったのは大きな敗因。

×大失敗その3:ポカリそのまま仕様。
普段はポカリ1.5Lに+水0.5Lと水で薄めていくのに、この日のハイドレーションにはポカリのみ。慣れていなかったせいか、口の中が甘ったるくなって最悪に。
(誤解のないように断っておくと、ポカリがスポーツドリンクの中では断トツに自分に適していたのだけれど、こういう状況下では合わなかったということ)

×大失敗その4:コーラの容量を削ったこと。
去年の教訓で絶対コーラが欲しくなるとわかっていたから、今年は500mlペットボトル×2本に増量すると決めていたのに・・・重くなっちゃったので280ml缶×2本に妥協してしまう・・・思いっきり後悔
この山では、280ml缶はヤクルトに等しい。

×大失敗その5:水がなくなる!
これがいちばん焦った。
固形食として新たに選んだ「クリーム玄米ブラン」は、乾いた喉には罰ゲームのよう。砂の固まりを突っ込まれたかのように口の中の水分を一気に吸収。パサついて苦しくて、おかげでかなり水を使い果たす・・・命のコーラも早々になくなっていた。


西原峠、給水まであと14Kmちょっと・・・背中のハイドレーションはもちそうにない予感。

三頭山上り。去年はこの辺りで疲れ果てて眠くなり、2時間以上も寝ては休んでの繰り返しだった。
今回は幸いそれほど眠気はなかったが、水がなくなりそうな絶望感が体を襲い、前へ進む気力を奪っていく。そして、また休んでしまうことに。
15分のつもりが結局30分以上もヘタリこんでしまう。

三頭山頂上に着いたのが0時ちょうど。
「テッペンにてっぺんか・・」などと、なぜか業界気取りで余裕の通過。これからしばしの間、下りが続くことになる(といいながら、けっこう上ったりする)
「給水までここから1時間はかかりますよ」と親切に教えてくれた女のコ。
ありがたいけど、それ以上かかるのはわかってました。ここから約10Km、僕には1時間じゃ無理だ。去年この場所で、「給水まであと5Km」とおばちゃんに言われて痛い目にあった。
それはそうと、ここは誰かに話かけたくなる場所なのか?(笑)
孤独との戦いだからな。人恋しくもなるよな。


鞘口峠を通過して給水まで残り7Kmとなった時、もう水は完全に枯渇状態に。

嗚呼・・・空を見上げると、木々のあいだから光るものが見えた。星か?空は晴れているのだろうか?遠い向こうには夜景も見える。東京の街?この世界の違いはなんなんだ・・・。

ようやく、目指していた舗装道路に出る。満天の星空だ。東京にもこんな星空があったのか、、なんて、ありきたりの台詞しか思いつかない。
ここまで来れば水も近い・・・もはや水のことしか考えられない・・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【第二関門】月夜見山第2駐車場 42,09Km地点:13時間52分25秒(去年:12時間4分44秒) 
午前3時前に第二関門到着。去年はたしか午前1時頃だったので完全に遅れていた。
とりあえず給水!食料も残りわずかなこの先、スポーツドリンクを頼りにするか?口当たりのいい水を選ぶか?迷っていたが、給水所に並んでいるボトルを見たら“ポカリ”だったので(泣)ここは水を補給することに。(ミックスも可能と知り一瞬迷う)
背中のハイドレーションは真空パックのごとく、中の空気が完全吸い取られ、炙られた干物のようにひしゃげた形になっていた。

ゴールで待ってくれている友に「16時間でゴールするから」なんて言っちゃったけど、この調子だと到底無理だ。もう少し時間がかかりそうだと連絡したかったが、携帯が圏外で繋がらない・・・。


なんだか本当に失敗ばかりみたいだが、良かったこともある。

◎成功その1:カフェイン増量。
今回、去年ほど眠くならずに済んだのは、早い時点からカフェイン系のジェルを多く摂った効果か。でもおかげでやたらとトイレが近くなって困った(笑)
トイレといえば、ちょっとコースを外れて立ちションする時、ヘッドライトを点けて手元を見ると妙なライトアップになったりして(笑)スカイツリーだ!なんていう元気はなかった。

◎成功その2:ストック。
持って行くと重くなるのでどうしようかと悩んだが、これが功を奏した。安いものでも充分大活躍だと思う。
エリートランナー以外は、持って行くことをオススメ!

◎成功その3:ナイキの半袖DRY−FIT。
雨に濡れても乾きが早く、蒸れを感じる事もなく快適であった。
立ち止まればそれなりに若干の寒さはあったものの、防雨・防寒対策で着込んでしまった為に喉の乾きや脱水症状をおこしてしまったランナーもいた中で、逆に半袖1枚がよかったのかも知れない。


大ダワ手前 47,8Km地点付近、明け方5時40分。
この少し手前で電源を入れた携帯に、いくつかのメールが飛び込んできた。

“ゴールで待ってます”と、我が友Holyからのメールを見て力が湧いた。
が、前を走っていたはずのメンバー二人からのメールに目を疑う。

“第一関門でリタイア・・・”
“今自宅に着いた。無料しないで無事帰ってくれ!・・・”

無料しないで?!無理が無料になってるのか?
よっぽどの状況だったんだろう。間違いはこれだけであってくれと願う・・・

その時、、心が折れた。

◎成功その4:携帯が繋がらなかったこと。
山では電波が入りづらい&電池がすぐなくなってしまう携帯 “SoftBank”の“iPhone”だったので、朝がくるまでは電源を入れず。夜中に一度電話しようとしたけれど、圏外で繋がらず。
おかげで周りの状況がまったくわからなったことが幸いした。

先日のチリで起きた落盤事故で「生きるための情報統制」というのがおこなわれた。
これは、閉鎖空間にいる人に対して悪い情報は知らせないというもの。
地下で必死に頑張っている人たちのために、あえて情報を操作することで生きる希望を失わせないようにした。
ほかにも、宇宙空間で作業する飛行士には、地上で起こった悪いニュースは知らせないそうだ。

そういえば最近起こったカンボジア「水祭り」の事故では、「橋が崩れる」といった情報が流れたせいで群集心理が起きてしまったと云われている。

もしも、メンバー二人に第一関門で会っていたら?途中で知らせを受けていたら?・・・自分もリタイアしていたかも知れない。

あとでこの二人に聞いた話だが、
「Kosugeはきっと、リタイアの仕方がわからなかったんだろう」と話してたそうだ。
・・・たしかに(笑)


すっかり夜も明けて。この先は割と楽な下りが続くだけだろうと思ったところで、そろそろ邪魔になってきたストック。細いポールを握って回し捻ると短くたためるんだけれど、いくら捻ってみてもカタくて回らず。。酷使したせいでキツく締まったうえに、もう握力がなくなっている。
道に座り込んで悪戦苦闘していると、親切な女性が自分のゴム付き手袋を外し、僕の眼の前に差し出してくれた。
神の助け!遠慮なくお借りしてなんとか1本はクリア。だがもう1本の方はどんなに力を入れてもビクともせず。しばらく格闘してみたものの、いっこうに回る気配もなく・・・どんどん時間が過ぎてしまうので、諦めて手袋をお返しした。
そのあいだ時間も気にせず付き合ってくれて。おかげで助かりました。
ありがとうございました!

6時55分、ようやく大ダワ通過。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【第三関門御岳山(長尾平) 58.00Km地点:20時間13分34秒(去年:18時間39分36秒)

P1000232.jpg
第三関門でずっと待っていてくれたHoly。彼手作りのプラカードが見えた瞬間、嬉しくて叫んでしまった。
ありがとう!
ここまで本当に長かった。一時はどうなるものかと思ったが、なんとか来れるもんだ。

ふとここで、雨の影響で今年はリタイアが続出しているとの情報が聞こえてくる。

さらにその先で水場の湧き水?を飲み過ぎたせいか、急に気持ち悪くなり吐きそうになる。ビニールを溶かしたような唾が込み上げてきて止まらない。
残り10Km足らずだというのに、体がフラフラしてきて倒れ込んでしまうこと20分・・・でもなんとか前へ進まなければ。

ストップウォッチが1時間以上狂っていることに気付く。
もはやタイムなんてどうでもいい。

前を歩いている男性ランナーに追いつく。後ろから声を掛けると、彼はひとりで参加したと話してくれた。
旅は道連れってことで、彼とお喋りしながらゆっくり歩いていくことに。一緒に進んでいたランナーが途中で脱落していく姿を何度も見たという。我々はもう「完走すればいいモード」にスイッチ。
あと5Kmの看板が現れる。残り時間は2時間余り。
彼が「もらったぁーー!!」と叫んだのが自分の事のように嬉しくて。

P1000236.jpg
最後はゴールに向かって駆け抜けてゆく後ろ姿。ここだけは一生懸命走っている(笑)


目標に及ばないことがわかった瞬間、途中で諦めてしまったけれど、完走できたのは応援してくれた人達がいたからだとつくづく感じる。
このブログやtwitterなどで応援してくれた方々、がんばりましょう!と声を掛けてくれたランナー、タイムロスも顧みず手を貸してくれたあの女性、待っていてくれた友、皆さん本当に本当に感謝です!!
そして、一緒に挑戦した二人の仲間。彼らがいつも前を走ってくれるおかげで、ついていくことが出来たと思う。ありがとう!!!

結果は23時間7分54秒。昨年の記録より大幅にダウン。記録狙いの人たちには笑われるかもしれない。これまで書いてきたほど決して成功したとも言えない。
しかし、目標達成とはならなかったけれど、リタイアが多い中で最後まで完走できたことは、自分にとって大きな自信となった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
23時間30分〜40分頃だったろうか、前を歩いていたあの男性ランナーが無事ゴール。嬉しくて思わず駆け寄って握手!
わずかな時間を共有しただけだが、みな戦友だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴール後に、Holyが渡してくれた缶コーラを一気に飲み干す。

今年のハセツネがこれで終わった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一夜明けて。
もう本当に二度と出るもんかと誓ったのに、一緒に戦った仲間の声を聴いたら、また挑戦したいと思えてくる・・・。不思議な魅力をもっているハセツネ・・・・・

ハセツネ病にかかったみたいです。


(写真提供:Sho、Holy)
(追記:出走2232名、完走1622名、完走率72,7%)






nice!(31)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ファイナル!明日金曜夜はライヴ [音楽]

フロントジャケット.jpg

かねてからご紹介しているシンガーソングライター・綿内克幸
11月6日(土)長野ネオンホールを皮切りに始まった「GOOD DAY SUNSET TOUR」がいよいよファイナルを迎えます。

明日12月10日(金)は、待ちに待った東京赤坂グラフィティでのツアーファイナル!
ライヴ会場にて先行発売していたニューアルバム「GOOD DAY SUNSET」CDも、間もなくみなさんに解禁になります。

今回のアルバムにはなんと!ジャズサックスプレイヤー・徳田雄一郎氏も参加。
このライヴにもゲスト出演するということでいまから楽しみです。
ツボをくすぐるフレーズを奏でるギター・マーヴェラス田中氏もゲスト出演するそうなので見逃せません!


綿内克幸with綿内組【GOOD DAY SUNSET TOUR〜FINAL】
●12月10日(金)赤坂グラフィティ(03-3586-1970)
OPEN:18:30
START:19:00
前売り3000円 当日3500円(1ドリンク別)
Guest : 徳田雄一郎(Sax)、マーヴェラス田中(G)
Supporting act : The Hand Claps(東京)
赤坂グラフィティ 港区赤坂3-21-10赤坂NSビルB1 
http://www.moz.co.jp/graffiti/schedule/

みなさん、暮れの忘年会シーズンでお忙しいことと存じますが、ぜひ時間つくって足を運んでいただけたら嬉しいです☆


nice!(38)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クロスバイクで初ポタリング 〜BW自転車部始動! [自転車]

P1040724.jpg

ポタリングとは「ぶらり自転車散歩」のこと。
12月11日の土曜日、早起きして初ポタリング!いきなり100Km走破してきました。

きょうは『BalanceWays+R(Run,Race,Reborn,Revenge,Recreation,などなど)』自転車部の初始動!です。

メンバー:Hori(34歳、元テニスコーチ)とSassa(25歳、イケメン...だと思う、笑)+H Kosuge(44歳、イケメン.....嘘)の3名で、向かい風の吹く中を必死で漕いでまいりましたよ。

向かったのは荒川サイクリングロード。

P1040729.jpg
鉄のオブジェの前で。
赤い自転車はHoriの愛車「BIANCHI カメレオンテ3」イタリアのブランド。
僕のは「コラテック SHAPE WAVE 3』ドイツのメーカー。値段はふたりの自転車の半分という。。安いけどコストパフォーマンスはいいです。

この日、待ち合わせ時間に大幅に遅刻したSassa。合流するまでHoriとふたりでのんびり散歩。
まさに“ポタリング〜”ってカンジのスピードで。
ロードバイクにどんどん抜かれていきますが、まったく気にしません。

P1040730.jpg
お昼前、ようやくSassaの「BIANCHI ローマ2」も加わりました。彼のは「ヌード」というカラーで、アルミ素地のシルバー色にクリアがかかったものなんですが、これがまたカッコよくて。。。僕のと取り替えてくんないかな(笑)
いえ、自分の自転車も気に入ってますよ。愛車と呼ぶほど愛してませんが。

悔しいので、遅刻したSassaには罰として100Km走を命じることに。。。我々も一緒に走るんですけどね(笑)

P1040732.jpg
水上バス「東京水辺ライン」の平井発着場でちょっと休憩。
トロンボーンの練習している人も。ジャズかな?川沿いでよく見かけますよね。

途中、空から颯爽と現れたヘリコプターが、なんと!川面に着陸ならぬ着水するシーンを見ました。
水上ヘリコプターってあるんですね。飛び立つ瞬間大興奮!(写真に撮ればよかった)


この後、国道357号で船橋のサイクルショップまで行きました。3時間掛かって、ショップ滞在時間は30分だったかな。

普段使ってない筋肉やら関節がやたらと痛かったです。とくに膝が。。腰から膝にかけてピキッーと電流が走ってヤバいです。
それよりなにより、エインブが痛くて痛くて・・・100Kmが限界!

結局Sassaは帰り道を含めて110Kmの道程だったそう。。。かわいそうに(笑)無事に帰れてよかったね。

nice!(41)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この冬『ワイン』と『雪の魔法』 [音楽]

ハブサム+GDS.jpg

2010~2011.Winter

輸入ワイン専門店『Have some wine ハブサムワイン』

シンガーソングライター・綿内克幸
ニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』収録曲「雪の魔法」

この冬、コラボレーションします

近日UP!Coming soon!!

輸入ワイン専門店『ハブサムワイン」 

Have-some-wine.jpg

綿内克幸 6th NEW ALBUM『GOOD DAY SUNSET』

GOOD DAY SUNSETジャケット2.jpg

綿内克幸 プロフィール
84年、Pale Fountains、Aztec Camera等英国ネオアコに影響を受けたサウンドにより、元フリクションのツネマツマサトシ氏に発掘される。
88年、ムーンライダーズ鈴木慶一・博文氏主宰のメトロトロンより小池雄治と共にwebbとしてインディーズリリース。沖山優二氏、成田忍氏とのバンド活動後、
94年、英国バンドのSqueeze、渋谷公会堂でのMr. Childrenのオープニング・アクトを経て、プロデューサーにフリッパーズ・ギターを手掛けたサロン・ミュージック、ゲストにザ・コレクターズを迎え、ビクターより「恋の5000マイル」「Clockwork Lovers」でソロデビュー。
カーネーションのメンバーをサポートに迎えてツアー。
以後、これまでにシングル多数、メジャーレーベルにて4枚のアルバムをリリース。

近年、辣腕メンバー「綿内組」と共に、綿内克幸with綿内組として活動。
2009年、5thアルバム『watauchi』発売。信濃グランセローズ後援会公式応援歌になった「地図にない道」収録。
2010年8月より、USTREAM 綿内克幸の「ウチロックフェスティバル2010」放送スタート。http://www.ustream.tv/channel/hts-tv

2010年11月から始まった全国ツアー【GOOD DAY SUNSET TOUR 2010】も好評に終え、
この冬、待望の6枚目ニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』をリリース。

綿内克幸with綿内組
綿内克幸:Vocal, acoustic guitar
中野トオル: Bass
KawasyKeyboards, programming
安倍モトアキ:Drums
堀内大輔:Electric guitar


nice!(81)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Have some wine, Have some music! [音楽]

snowmagicmainf.jpg

クリスマスを前に嬉しいニュース

シンガーソングライター・綿内克幸のニューアルバムGOOD DAY SUNSETに収録された曲「雪の魔法」を、この冬のイメージソングに!


“喧騒を消し去るかのように、しんしんと街に降り積もる雪をイメージさせる心地よい旋律。暖かささえ感じるやさしい綿内克幸の歌声。

忙しく移り変わりゆく時の中でふと脚を止めて夜空を見上げると、静かに舞い降りる白い雪が、いつか何処かに忘れてきてしまった「自分らしさ」を一瞬取り戻させてくれる。

寒い冬でも包み込むように癒してくれる、そんなやさしくて暖かい、聴けば聴くほど心に浸みてくる曲です。

この冬、「雪の魔法」が小さな奇跡で皆さんに幸せを運んでくれることをハブサムワインでは願っています。”

ハブサムワインwebサイトより


「雪の魔法」のイメージにぴったりな、冬にお勧めしたいワインもあるそうです。

綿内さんのニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』も大好評!

下記、綿内公式サイトのショップページで通販開始しました。

 

この冬は『GOOD DAY SUNSET』を聴きながら

“Have some wine, Have some music!”



輸入ワイン専門店『Have some wine ハブサムワイン』

http://www.havesomewine.jp

Have-some-wine.jpg

 

綿内克幸with綿内組 ニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』

綿内公式サイト http://watauchi.main.jp/

GOOD DAY SUNSETジャケット2.jpg

綿内克幸with綿内組
綿内克幸:Vocal, acoustic guitar
中野トオル: Bass
KawasyKeyboards, programming
安倍モトアキ:Drums
堀内大輔:Electric guitar

 

ご購入はこちらからもどうぞ → http://watauchi.main.jp/shop/


nice!(110)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ イッちゃ イヤー 2010 [音楽]

クリスマス前にブログをアップしてからそのまま放置プレイ。。。
時はすでに31日大晦日。ヤバい、このまま年は越せないぞ。
まだ行かないで2010年というワケで、まずは10月から11月までの出来事を。

P1040286.jpg
10月24日(日)
千葉県八千代市市民会館 小ホールで開かれたピアノコンサートへ。
子どもたちの演奏が微笑ましくて、とても楽しいコンサートでした。
演目の中にあった『サウンド・オブ・ミュージック』が、JR東海のCMで流れてくる「そうだ 京都、行こう。」の曲だったってことを初めて知りました。

ピアノ教室の先生は僕と同い年と聞いていたけど、プロフィールを見たら、高校時代の同級生と同じ大学のピアノ科出身であることがわかり、久しぶりに旧友と連絡取ったりして。
====================================================

P1040380.jpg
11月12日(金)
クロスバイクを購入後、帰り道にお散歩がてら、これまであまり足を踏み入れることのなかった墨田区の未知のエリアに初上陸スミダ。

自転車って楽しい ♪
====================================================

P1040383.jpg
11月13日(土)
千葉市若葉文化ホールで『徳田雄一郎 レリーズディグ』ジャズコンサートを鑑賞。
500名ものお客様が詰めかけての大盛況でした。

徳田雄一郎 Official Web Site → http://www.yuichirotokuda.com/


ほかの模様映像もYouTubeで配信http://www.youtube.com/user/gnplus

SET LIST:

1st_
1. On A Clear Day - 晴れやかな日に
2. Autumn Leaves - 枯葉
3. Skylark - ひばり
4. 愛燦燦
5. Someday My Prince Will Come (Orignal Arrange)
- いつか王子様が(オリジナルアレンジ)
6. Voyage - 航海

2nd_
1. 明日への歌
2. Pisces - 魚座
3. Qui - この場所で
4. High Drive - ハイドライブ
5. Short Story Afterward - その後の短いお話
6. The Song Of Shore - 浜辺の歌
7. Imagination - イマジネーション

ENCORE_
1. Sleigh Ride(Christmas Song)

徳田雄一郎 Sax&Vo. 鈴木直人 Gt. 田村和大 Pf.
中林薫平 Ba. 長谷川ガク Dr.

P1040384.jpg
こちらは終演後におこなわれたCD販売&サイン会。
アルバムを買い求める長蛇の列が途切れることなく続いていて凄かったです。

P1040395.jpg
徳田さんはサウスポーなんですね。持って生まれた芸術家って感じで。
左利きの人が字を書くのを見ると、なんだかドキっ♡とするのはなぜでしょう?
サウスポーフェチってありますよね。
====================================================

P1040397.jpg
11月20日(土)
クロスバイクでちょっとお散歩。江戸川サイクリングロードへ。

P1040399.jpg
葛飾柴又にある「矢切の渡し」

P1040401.jpg

P1040404.jpg

P1040405.jpg
「柴又帝釈天」

P1040412.jpg
寅さんで有名なだんご屋さん「とらや」

P1040416.jpg
駅前にある「寅さん」の銅像。
“わたくし 生まれも育ちも 葛飾柴又〜” ってどうしてもモノマネ口調になっちゃいます。
====================================================

11月28日(日)第30回つくばマラソンに出場。

3時間54分33秒。(ネット3時間49分36秒)
目標だったサブフォー達成!

====================================================
以上、11月までまとめてみました。
2010年、12月も残しておかなきゃいけない事あるんだから。。。
まだ行っちゃダメよ。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

もうすぐいくよ 2010 [音楽]

タイトルがややアレですが(笑)もう年の瀬だし、大晦日だし、残りあと数時間。。
年忘れ!いいですよね。こんなテンションも許してください。

12月は、ライヴ3連発で!

P1040435.jpg
12月4日(土)
徳田雄一郎RALYZZ DIG 忘年会ライヴ@初台レッドドラゴン
盛り上がりました!
徳田雄一郎 Official Web Site → http://www.yuichirotokuda.com/

P1040466.jpg

P1040514.jpg

P1040530.jpg

P1040527.jpg

P1040547.jpg

P1040446.jpg
_SET LIST_

1st:
Wayne's Thang by Kenny Garrett w/ M-OTO(HBB)
Short Story Afterward (Original)
Someday My Prince Will Come (Original Arrange)
Bye Bye Blackbird (Standard)
Tidal Wave Warning (Original)

2nd:
Qui (Original)
Brunei (Original)
Pisces (Original)
High-Drive w/ M-OTO(HBB) (Original)
Imagination w/ M-OTO(HBB) (Original)

ENCORE:
X'mas Song

徳田雄一郎 Sax&Vo. 鈴木直人 Gt. 田村和大 Pf.
中林薫平 Ba. 長谷川ガク Dr. M-OTO BeatBox
===============================================

P1040617.jpg
12月10日(金)
綿内克幸with綿内組『GOOD DAY SUNSET TOUR 2010』ファイナル@赤坂グラフィティ

綿内克幸 Official Web Site → http://watauchi.main.jp/

P1040551.jpg
Supporting Act:「The Hand Claps」

P1040641.jpg
「綿内克幸with綿内組」
ゲストにギター・マーヴェラス田中師匠が参加。

P1040630.jpg

P1040645.jpg

P1040646.jpg
二人目のゲストには、こちらもジャズサックスプレイヤー・徳田雄一郎。
ツアーグッズで好評だったTシャツ、革ジャンの下に忍ばせていたのをいきなり披露!
綿内組と心はひとつですね。

徳田さんは今回発売されたニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』収録曲「赤い爪とコウモリ」の録音にも参加。色気たっぷりのアルトサックスをブロウしてます。

アルバムに収録されている「雪の魔法」が、この冬のシーズンにぴったりな曲で。
以前のライヴ時に聴いたときは、綿内氏本人も含め正直ピンときていなかった楽曲が、劇的に生まれ変わってきたのには驚きました。

まるでワインに飲み頃があるように、時間をかけて熟成されてきたような、そんなイメージ。

ワインといえば、この「雪の魔法」は、輸入ワイン専門店『Have some wine』この冬のイメージソングに使われています。

輸入ワイン専門店『Have some wine ハブサムワイン』HP → http://www.havesomewine.jp/

綿内克幸with綿内組の映像配信中 → http://www.youtube.com/user/katswatauchi

P1040675.jpg

P1040679.jpg
伝家の宝刀リッケンバッカーを抱えて登場。

P1040705.jpg
_SET LIST_

1.  ラヴレス
2.  DAY BY DAY
3.  GOOD DAY SUNSET
4.  フォトジェニック
5.  奇跡
6.  地図にない道
7.  月の川
8.  SOMEONE 
9.  名前のない朝
10. 14
11. アクアラング(with マーヴェラス田中)
12. 赤い爪とコウモリ(with 徳田雄一郎、マーヴェラス田中)
13. 雪の魔法(with 徳田雄一郎)
14. 恋の5000マイル
15. Monkey Train
16. 遠い旅人

EC
17. Season Cycle
18. 僕はSTEPPIN' STONE

綿内克幸:Vocal,guitar
中野トオル:Bass
Kawasy:Keyboards,programming
安倍モトアキ:Drums
堀内大輔:Guitar

Guest players
マーヴェラス田中:Guitar
徳田雄一郎:Alto sax

P1040615.jpg
デザイン事務所『BalanceWays』がCDジャケットのアートワークを担当しました。

GOOD DAY SUNSETジャケット2.jpgニューアルバム『GOOD DAY SUNSET』好評通販中
CDのご購入はこちらからも → http://watauchi.main.jp/shop/
===============================================
P1040775.jpg
12月23日(祝日)
今年最後の見納めライヴは、ドリカム!でした。
WINTER FANTASIA 2010 DCTgarden “THE LIVE!!!”@横浜アリーナ

横浜ベイビ〜ズ♪

P1040778.jpg


おまけのクリスマス

IMG_0366.jpg

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

よいお年を [音楽]

もぉ、ダメ、、あと7時間を切りました。
今年最後のブログUPは、忘年会を2つほど。

IMG_0380.jpg
12月28日(火)
綿内克幸とその仲間達って感じの通称「水玉会」
この日はいつもの池袋のディランBar『ポルカドッツ』にて水玉忘年会。
音楽評論家の能地祐子さんをはじめ素敵な皆さんが集まり、音楽の話題を中心にしながら楽しい時間があっという間に過ぎていきました。

とつぜん現れたブクロ隊長「ザ・コレクターズ」古市コータローさん
私、ポッドキャスト番組「池袋交差点24時」のリスナーですので、当然「Pです」と挨拶。
この番組、配信を聴くたびに「そこ知ってる!」「僕らも遊んだ!」という昔の池袋話や地元ネタの話題がちょこちょこ出てくる! → http://studiomog.ne.jp/scrap/bukuro24/
コータローさんと小学校・中学校が同じ学区内でものすごく近かったので、お会いしてお話しすることができて嬉しかったです。

地元ネタあれこれ
目白駅の脇に流れていた排水溝でのザリガニ取りの話(これはポッドキャストでもありましたね)
・池袋再開発の区画整理で消えた「三業通り」にあったトルコクイーン
・「三業通り」に映画館あったの覚えているか?
などなど。。。

これにはかなり火が点きました。あれからずっと「昔の池袋」の記憶を辿ってます。

いろいろ思い出されますが、楽しすぎて話が尽きません。
またゆっくりと、別にUPしたいと思います。

========================================

P1040782.jpg
12月30日(もはや曜日の感覚はないです)
ブクロ地元の友人4人で忘年会。

水玉会で火が点いた「昔の池袋」が頭から離れず。。
みんなの記憶や思い出写真を持ち寄って「昔の池袋の地図」をつくろう!という企画を提案したところ、予想以上に大盛り上がりしてしまい、呑んだあと夜中だというのに懐かしい道を巡って探訪しました(バカでしょう、笑)
(写真は母校の中学校が建て替えのために取り壊された跡地の前で)


まぁ、今年も楽しいことがたくさんありました。
皆さま本当にお世話になりました!
来年も皆さまにとって良い年でありますように。

よいお年を!!!


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TweetsWind
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。