So-net無料ブログ作成

4.5 高円寺HIGH【綿内克幸Presents Live vol.1】 [音楽]

すっかりご無沙汰しております。皆様お元気でお過ごしでしょうか?

ブログをしばらくお休みしていたら、電話やメール、twitterでメッセージなど、友人から「最近ブログ更新してないね」とのお言葉をたくさん頂戴しました。
震災後の雰囲気から、なんだかこんな時にいろいろ主張するのってどうなんだろう?と感じるとこがあったり。twitterのタイムラインなんかを見ていたら、余計にそう感じるものがあったりして。

>「けっこうマメに更新してたから、ちょっと心配になってさ」
みんな気にかけてくれてどうもありがとう!大大大感謝です。
人って、助けても、誰も助けてはくれないもんだと、普段から絶望感を抱えて生きている所があるので、本当に嬉しかったです。

「マメだ」とよく云われるけど全然そんなことはなく。マメは好きだけどね、、クリクリ。

というわけで、久々に更新します。(なんか緊張してゲボが出そう、なんでだ?笑)

P1050271.jpg
去る4月5日(あれから1月以上も経っちゃいましたが)
【綿内克幸Presents Live vol.1】@高円寺HIGHに行ってきました。

P1050265.jpg P1050274.jpg
ステージバックには、この日のために制作されたVIDEO映像が映し出される。
映像はアーティスト宮地和顕監督によるもの。
彼の作品は他にも、輸入ワイン専門店『Have some wine』が企画する「ワインターテイメント」の中にある「ワインを映す!」にも紹介されています。

P1050275.jpg
震災で大変な状況の茨城から駆けつけたというオープニングACT「Szpilman」の後、man繋がりで“Gomes the Hitman”こと山田稔明

今回のライヴは「90年代メジャーデビュー」のアーティストを集めたイベントだそう。
入れ替わりが激しい音楽業界、とくに若いアーティストがもてはやされる音楽シーンにおいて、みなさん今も現役バリバリで活躍されています。

P1050284.jpg
かつて綿内克幸が所属したインディーズレーベル「メトロトロンレコード」時代の旧友で、彼と同郷長野出身の青山陽一
写真は、&綿内 with綿内組のキーボードKawasy(ex.モスキートのキーボーディスト)参加による「メトロトロンコラボ」の一コマ。
ライチャスブラザーズ「ふられた気持ち」のカヴァーを演ってくれました。
その名も「長野ライチャスブラザーズ
ライブの映像は綿内ブログからどうぞ。→http://blog.goo.ne.jp/fsp2005/e/15102a7419934ed4c0720e5a1eaa39c2

綿内がビクター時代にこの曲を録音する際、デビッド T.ウォーカーやジェームズ・キャドソンなどの豪華ミュージシャンがバックで演奏するというのに、スタジオに遅刻して行ったそうで。
あの超大物たちを待たせたというエピソード、凄すぎます。
1分幾らのギャラで仕事されている方たちなんでしょうか?なんてバブリーな話で(笑)
(ギタリスト・デビ爺ことデビッド T.ウオーカーは、僕の大好きなドリカムとの競演でも有名)

(ちなみに私、自分の時給は少なくとも3,000円は守りたいと常々思ってやってまいりましたが、とてもとても程遠く・・・不況の波は津波の如く、世の中さらに厳しくなってきています・・・・・泣)

P1050296.jpg
綿内と94年同期デビューという酒井ミキオ
実はこれまで彼の歌を聴いたことがなかったので、HPを見て予習して行きました。
HPで初めて聴いたときは、フワフワした感じで、正直ピンと来なかったんですけど。
この日の演奏は良かったですね。

なんだかナックルボールの魔球みたいで。どこへいくか読めない、揺れたり弾んだりと、不思議な魅力がある。
長く細い柔らかな生命体が、くねくねと体の中に侵入してきたかと思うと、いきなりガッと太く硬くなって、引き抜こうとしても取れなくなるような。。。そんな感覚。
ふつうは硬くなってから入れるもんですけど、、なんともエロスな雰囲気を持った超テクニシャン。
自らを“J-Popper”と名乗るその楽曲は、一点の曇りもない純粋POPなんだけれど、一癖も二癖もあるように感じさせるちょっと危険な匂いが、これまたクセになる。

ジャニーズ系の方々に楽曲提供されているとの情報だったので「タッキー&翼とかと、話しをしたりするんですか?」と終演後の打上げで訊いてみたりして(笑)気さくに答えてくれてカンジのいい方でした。

P1050313.jpg
そして、綿内克幸 with綿内組の登場。
いつにも増して安定感のある演奏は、長いこと築き上げてきた信頼関係によるものでしょう。
一朝一夕には出せない音と感じさせるものがありました。

酒井ミキオが変化球ならば、こちらは男の直球といったところか。男汁を飛び散らせる5人。
指を巧みに使って体の中をぐいぐい掻き混ぜるような感覚は、指使いならぬ、大人の音使いを感じさせる。どの指が入ってるかわかるかい?と聴こえてきそう。

P1050315.jpg

この日は震災後ということで義援金箱が設置されたり、チャリティ物販などが開かれていました。
昨年11月に発売された綿内克幸6thアルバム『GOOD DAY SUNSET』ツアーTシャツが義援品で出品されたり、
このアルバムに収録された曲「雪の魔法」と冬のコラボレーション企画をした『Have some wine』からも
厳選ワインが無償提供でチャリティ出品されていたり。
終演後には、誰でも参加できる打上げもあったりして、ライヴ演奏以外にも充実した内容が盛り沢山。

今後もこうしたイベントが企画されると嬉しいですね。

4月5日@高円寺HIGH「綿内Presents Live Vol.1」
綿内克幸 with綿内組 SET LIST
1.ラヴレス
2.地図にない道
3.アクアラング
4.赤い爪とコウモリ
5.名前のない朝
6.Daylight
7.GOOD DAY SUNSET
8.遠い旅人

4月5日がもう一度来てくれたら。。。

nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

日記ニャッキムッキムッキ [雑感]

by ビッグ・マンモス、、というわけで。
ブログをお休みしていた間に何があったっけかな?と。
ニッキニャッキムッキムッキ ♪ 消えちゃわないように、日記でも書いておこうかと。


4月5日(火)
亀戸にある建築工事業者さんに初訪問。住所を頼りに着いた所は、いつも自転車で通ってるそばだった。なんだか妙に親近感がわく。

事務所へ戻り、パースを仕上げて送付する。

打上げ後、一緒に行った友人と池袋で2次会。

4月12日(火)
弊所事務所が手狭なので、打合せはもっぱら、池袋マルイシティ1階にあるカフェ「ア・ラ・カンパーニュ」に来ていただいている。
小洒落た雰囲気なので女性客が多い。そんな中、40半ばの男2人が、カタカタと座り心地の悪いアンティークな椅子に腰を掛け、パイン古材のテーブルを挟んで窮屈そうに顔を合わせている光景はどう映るのか。そんなことは気にもせず、Y氏はケーキを注文(笑)
「美味しいよ。一口食べてみて」のひと言に思わず照れる。
ケーキの“一口”って、どのくらい取っていいもんなんだろ?いつも躊躇してしまう。

4月17日(日)
天気のいい春フェス日和。昨年ワーハピへ行ったメンバー3人とご一緒に、ワインと東北の酒とつまみを買い込んでいざ参戦。
高野 寛が歌った「ベステンダンク」「夢の中で会えるでしょう」にグッとくる。
みうらじゅん&安齋 肇のユニット「勝手に観光協会」は最高!
奥田民生の深イ選曲と圧倒的な歌に思わず唸らされた。
そしてなんといってもこの、いとうせいこう×Dub Muster X「祝辞」
この凄さ、正直云ってこのYouTubeの映像じゃ伝わらないかも知れない。
あの空間で聴いた衝撃は、とても言い表せないほどの迫力と感動で。心が震えた瞬間だった。

4月18日(月)
池袋。照明コンサルティングをしている会社の営業さんが退社するというのでご挨拶にみえた。
会う場所はもちろん、カフェ「ア・ラ・カンパーニュ」
新たな道でのご活躍と成功をお祈り申し上げます。

4月22日(金)
親友と夜の会食。最近行きつけになりつつある池袋の激安居酒屋へ。
あとから友人も駆けつけ、ブクロ男飲み。。。人生いろいろだ。

4月26日(火)
飯田橋。オフィスファシリティーを手がける会社へ近況報告に伺う。
どこも不況であまりいい話しがなく、おいしい“手みやげ”も持って行けずに恐縮する。
「熱線反射&遮熱ECOフィルム」と「遮熱ガラスコート塗装材」といった商品をご紹介。
これからの時期、省エネ&節電対策にタイムリーな建材。オフィスや住宅の窓ガラス面に施すことで、冷気を逃がすことなく外気の熱を遮蔽、初夏〜真夏の暑さを緩和することができる。

近くに勤めるコピーライターの友人をランチに誘う。
パワーランチのつもりが、どよんとした雰囲気に。いい話しが出てこなくて、ごめんよ。。。

帰宅して、ドリカムDWL2011の抽選予約。残念ながら、後にハズレる。

4月28日(木)
昨年5月に発売されたジャズCD 徳田雄一郎RALYZZ DIGimagination LIVE@新宿PIT-INN」「imagination
その「imagination」プロジェクトに携わった制作スタッフが久々に一堂顔を合わせる。一年近く経っての打上げとなった。
ライナーノーツを書いた大伴公一氏(雑誌 Jazz Life元編集部)、徳田氏のレーベル「GoodNessPlus Records」のマネージャー・H氏、アーティスト兼プロジェクト総監督の徳田雄一郎氏、そしてCDジャケットのアートワークを担当したBalanceWaysの私 H.Kosugeが集結。
P1050324.jpg
ホルモンの煙に囲まれて、終電がなくなるまで飲み続けた錦糸町の夜。
またこのメンバーで何かやれたらいいな。

4月29日(祝日)
酒がまったく抜けず、二日酔い激しい朝の中、友人の引越しの手伝いに向かう。
部屋へ行くと、まだなんにも準備がされていない模様に唖然...これで本当に今日中に終わるのか!?(笑)
普段オフィスの移転には数多く立ち会ってきたが、やっぱり全く荷造りしていないお客様も中にはいたけれど、これは初めてのケース(笑)荷造りしてないどころか、これじゃぁ人手が足りなすぎるぞ!
本人も言っていたが、「これで引越しをしようとしていたのが無謀すぎた...」と。
結局やはりその日だけじゃ終わらず。明くる日に持ち越しとなる。
でも、なんだかとっても楽しい一日だった。

4月30日(祝日)
前日に続いて引越しの手伝い。
バルコニーの床に張ってあったタイルを剥がしたら、下に溜まっていた大量の土が出てくる出てくる。
どこへ処分していいか迷った挙げ句、近所の公園まで捨てに行くことにする。
一緒にいたHさん(女性)と台車に積んで運んでいったのだが、マスクしてたし、誰がどう見ても怪しい姿だったに違いない。
ようやく夜9時過ぎに終了。おつかれさまの一杯。疲れたけど、心地のいい2日間になった。

着なくなった洋服と一緒に貰ったのがコレ、音楽クイズのボードゲーム。
不要品の中にあったのをキープ。これぞ掘り出し物!
P1050361.jpg
付属のDVDから「80's New Wave系アーティスト」の映像が流れてきて、
このアーティストの名前は?とか、曲名は?とかがクイズになって出題されるというもの。
PVにまつわるトリビア問題なんかもあってなかなか面白い。

5月1日(祝日)
映画『八日目の蝉』を観る。
以前NHKでやっていたドラマを観て、その後原作本もサラっと読んで、そして今回の映画を観たのだけれど、ドラマの方が良かったかなというのが感想。
ドラマも原作も映画も、理解しようとしてみたものの、正直わからないものってあるなと感じた。
まぁ少しだけわかるところがあったかな。


5月3日(祝日)
GWの真っ只中、友人と神奈川県鶴見までポタリング(自転車散歩のこと)
つけめん食べて、スパで汗流してゆっくり。
帰ろうと出た途端、雨に降られる。仕方なく雨の中を自転車で、およそ40Kmの帰路を走る。


5月6日(月)
新規物件の打合せ&現場調査に向かう。
P1050332.jpg P1050346.jpg
とある大学の研究室のレイアウトと内装工事の依頼。工期がないとわかり、さっそく図面作成にとりかかる。それにしても、初めて入った某大学構内。こんなことでもなければ縁のない所だと思う。ピリっとした空気に少し緊張。
周辺はこれまた超が付くほどの高級住宅街に、またまた緊張する。

以上。

まったく関係ないけど、ムッキムッキで思い出したのが、
無期懲役で服役している受刑者で、刑務所内や仮出所した時にまた犯罪を犯して、更に無期懲役になった者のことを「ムキムキマン」と呼ぶらしい。


追記
3月10日(火)
有明ビッグサイトで開催していた展示会まで、自転車で行こうと思い立つ。
現地に着いて、自転車のカギを忘れてきたことに気付く。
カギがないと駐めておけないので、展示会は諦めて帰ることに。
でも、途中いろいろ寄り道したおかげでいい散歩になった。
P1050220.jpg
まさかこの翌日に、あの大震災がくるとは想像もしなかった。。。

3月11日(水)
ふたたび有明ビッグサイトへ「Japan Shop/建築・建材展」を見にいく。
前日に自転車で行って懲りたので、この日は電車にしたのだが・・・あとで後悔することになろうとは。
P1050234.jpg P1050228.jpg
14時46分、あの大地震発生。ビッグサイトの会場内はプチパニックのような状況。
交通機関もストップしてしまったため、歩いて帰路を目指すことに。。。今日こそ自転車で来ていればよかったと心底思う。
P1050238.jpg P1050241.jpg
4時間以上かかって戻った事務所の書棚前。
本がみごとに崩れ落ちて散乱していて途方に暮れる。。。

nice!(43)  コメント(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

RALYZZ DIG【国際作曲コンペ 結果発表】&【ファイナリスト記念ライブ開催!】 [音楽]

eb0e2b6f.jpg
徳田雄一郎RALYZZ DIG @BORNEO JAZZ 2011

先週はマレーシアへ、プロ後初めての海外公演へと向かった「徳田雄一郎RALYZZ DIG
こちらはそのライブ映像です。

今回の彼らの公演模様、インタビューが、BBCアメリカ 人気RadioProgram "The World"、
そして有名世界誌"ナショナルジオグラフィック"にて、放送、掲載されると事なりました。
b6fccd83-s.jpg 
54479819-s.jpg 
90ecbbc0-s.jpg
778c7f27-s.jpg 
ca4f0afe-s.jpg 
53236655-s.jpg

それと、大変永らくお待たせしたました!
マレーシア滞在期間中に、"International Songwriting Competition 2010"の結果が発表されました。
(以下、徳田雄一郎ブログより転載)

【6月10日(金)@新宿ピットイン− 
国際作曲コンペティション ファイナリストノミネート記念ライブ開催!】

International Songwriting Competition 2010 FINALIST Nominated
2010年度 国際作曲コンペティション ファイナリストノミネート

【Notihng There】 03' written by Yuichiro Tokuda
 
セミファイナリスト賞2作同時受賞 "Pisces" & "Initial Impulse"

残念ながら3位入賞は逃しましたが、十分に誇れるファイナリストノミネートではないかと考えています。

最終一般投票開始直後に地震もあり、なかなか投票できない状況下で、皆様にはご支援、投票をして頂きました。
ありがとうございました。

そこで、来月6月10日(金)に僕らのホームグラウンド「新宿Pit-inn」にて、記念ライブを行います!
19時半開場、20時開演、3000円(1D付)  http://www.pit-inn.com/

出演: RALYZZ DIG
徳田雄一郎 Sax & Vo
鈴木直人  Guitar
田村和大  Piano
中林薫平  Bass
長谷川ガク Drums

そして今回限りのスペシャルプレゼント!
今までの応援の感謝の気持ちを込めて!!
つい先日行って来ました、初海外公演@Borneo Jazz 2011(マレーシア)
すでにYoutubeに数曲アップしてありますが、
ライブDVDフルバージョン】を無料プレゼント!!(枚数限定)

是非皆様、ご家族ご友人をお誘いあわせの上お越し下さい。
心よりお待ちしております。


各受賞者作品試聴、全ファイナリスト掲載 
http://www.songwritingcompetition.com/winners (ページ中段下記載)
セミファイナリスト賞掲載

The complete list of ISC 2010 winners of Jazz Category is as follows:

Jazz

First Place
Fast And Furious - David Laborier (Luxembourg, Luxembourg)

Second Place
Monkuru - Omar Sosa (Oakland, CA, USA)

Third Place
Trance Formations - Thomas Winther Andersen - Winther-Storm (Weesp, The Netherlands)

Honorable Mention
Bubbling - Oscar Schulze, Pablo de Haas (Amsterdam, The Netherlands)
Correndo Lontano - Marco Detto (Barzano, Italy)
Deep Summer Love - Jens Winther (Aire, Switzerland)
Fool For Love - Mads Mathias (Kobenhavn V, Denmark)
Hopelessly Hopeful - Janita Ervi, Tomi Sachary - Janita (Brooklyn, NY, USA)
Inspiration Blues - Greg Chako (Yokohama, Japan)
Nothing There - Yuichiro Tokuda - RALYZZ DIG (Chiba, Japan)
Phaseout - John Mulkerin (Brooklyn, NY, USA)
The Living Well - Curtis Macdonald (Calgary, AB, Canada)
The Wrong Jacket - Alex Brown (Columbia, MD, USA)
Trajectory - Bruce Gertz (Wakefield, MA, USA)
Twitching Eye - Arshak Sirunyan (Washington DC, USA)
Undeceivable - Hilde Louise (Oslo, Norway)

徳田雄一郎
http://www.yuichirotokuda.com/

nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

綿内克幸【夏のスケジュールのお知らせ ♬】 [音楽]

徳田雄一郎 RALYZZ DIGに続いては、
こちらも弊所BalanceWaysでCDジャケットのアートワークなどを手がけている
シンガーソングライター「綿内克幸 with綿内組のご紹介。

昨年11月に発売された綿内6thアルバム『GOOD DAY SUNSET』に収録されている曲「赤い爪とコウモリ」サックスとして参加している徳田雄一郎
翌12月に行われた赤坂グラフィティでのGDSツアーファイナルライヴには、徳田もゲストで登場し、熱いサックスプレイをブロウ!大盛況で2010年の幕を閉じました。

また、コブクロの黒田さんが自身のブログで、このアルバム『GOOD DAY SUNSET』を、
「今年聴いた邦楽CDでは総合点が一番高かったかも」大絶賛!

同12月、収録曲「雪の魔法」が、輸入ワイン専門店『Have some wine』とコラボ、2010-2011冬のイメージソングに。
そのほか、ワインを飲んでそのイメージを音で表現するという斬新で画期的な企画、その名もハブサム流ワインのススメ「ワインを奏でる!」に参加。ここでしか聴けないジングルも披露しています。

綿内組はその後、今年4月に高円寺HIGHにて初の綿内Presents企画ライヴをおこなうなど、彼らの勢いは増すばかり。

夏の暑さとともにジワジワ来ている綿内組です! 

watauchiGDS.jpg
夏のライヴスケジュールのお知らせです。

(以下、綿内ブログより転載)
今年は綿内組アコースティック隊で、例年より精力的に動きます。
綿内企画第二弾の中野、初の越谷はビートルズLOVEな会場、去年に引き続きの育った長野石堂町の縁日では綿内独り弾き語り、そして長野駅東口のWinds Eastでは美味しい料理とビールに舌鼓を打ちながら・・・というわけで盛り沢山の夏になります。
皆さん、是非、是非、ご参加下さい。アコースティックでカジュアルに沢山歌いますぜ。


各会場の編成が決まりました!
7月18日越谷は綿内組フルバンドでのアコースティックです。

【綿内組GOOD DAY SUNSETアコースティック】

7月2日(土)
東京中野オルタネイティヴカフェ〜綿内企画vol.2 http://alternativecafe.jp/
(綿内、中野トオル、安倍モトアキ)

7月18日(祝月)
埼玉越谷アビーロード http://abeyroad.jp/
(綿内、中野トオル、Kawasy、安倍モトアキ、堀内大輔)

8月5日(金)
長野石堂町蟻の市(綿内ソロ)

8月7日(日)
長野駅東口ビアレストランWinds East http://www.tosho-ltd.net/windseast/
(綿内、中野トオル、安倍モトアキ)

●まずは中野のご予約から!各地の詳細も間もなくお知らせできます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【綿内克幸Presents Live Vol.2 Acoustic】 

 出演:綿内克幸 with綿内組 / セレン   
 日時:2010年7月2日(土) OPEN 18:30 START 19:00 

 会場:東京中野 alternative cafe 
 前売:¥2,000  (+1drink ¥500)  
 当日:¥2,500  (+1drink ¥500)  
 【ご予約フォーム】 http://watauchi.main.jp/mail/ticket.html 
携帯の方は fspclub@hotmail.com まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●綿内克幸 with綿内組『GOOD DAY SUNSET』、iTunesで全曲試聴・配信中。
ビクター時代を通じて初のiTunes配信となります。
こちらからどうぞ http://itunes.apple.com/jp/album/good-day-sunset/id421969441
またはiTunesストアで「綿内克幸」で検索してみてください。

●CD通販はこちらで http://watauchi.main.jp/shop/?p=134

GOOD20DAY20SUNSETE382B8E383A3E382B1E38383E383882.jpg

GOOD DAY SUNSET

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MOOD RECORDS/ゴーズ・オン
  • 発売日: 2010/11/07
  • メディア: CD
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

輸入ワイン専門店『Have some wine ハブサムワイン』

http://www.havesomewine.jp

Have-some-wine.jpg



nice!(55)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Run再開...の話のつもりが [ランニング]

喜多マラソン、キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!
「第48回 六無月東京喜多(北)マラソン大会」がいよいよ来月5日に迫りました。
そろそろ(といってもかなり遅いけど)練習しないと本当にヤバい。。。
というわけで、Run練習ぼちぼち再開しました。

ーーーーーーーーーーーー
5月18日(水)Run 7Km
超久々のランニング。ジョギングより遥かにスローペースでのスタート。
これまであまりにもサボり過ぎたため、足がもの凄く重い。
それでもなんとか走れるもので。体は覚えているじゃないか。ふふ。

“体は覚えている”と云えば、この言葉、よく女性に向かって表現されるセリフだけど(笑、だと思う)、あれは嘘らしい。
女性の体は相手に合わせてカタチが変化する。。と、ブラマヨ吉田があるテレビ番組で言ってたっけ。体の相性抜群だった彼女が、ある時からアレ?ってなったとか。彼女が浮気してたのがソコでわかったという。

番組内の識者の話によると、女性は、強く惹かれる男性の子孫を残そうという本能が働くらしく、精子がこぼれないよう相手にピッタリフィットするようにと、脳から信号が自身に送られるとのこと。

浮気相手の方が好かったと、体が判断したというワケか?
「違和感が...」なんて言葉が出たらそうなのか?!心当たりはないか?
本能っていうことは、心が離れたらそうなるのか?.....女っていうのは情け容赦ないな。

ゆえに、つまりは覚えちゃいないってことだ。

・・・で、なんの話だっけ?

IMG_0433.jpg
写真は、池袋〜椎名町へと向かう山手通り沿いのランニングコース途中にある小さな公園。見覚えのある人もいるだろう。
その昔、真夜中にここで熱い行為を繰り広げたという男がいた。あんなに車の通りが激しい中で誰にも気付かれなかったというから、若いって怖いもの知らずね。

タグ:ランニング
nice!(70)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TweetsWind
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。